3+ONE
3+ONE
3+ONE
TOP

VREATH3

Graphic, Movie, Music
cd

VREATHの3rdアルバム「VREATH 3」のCDデザイン/その他告知周りのグラフィックを担当しました。
VREATHとはVOCALOID x コアなEDM という一味違ったコンセプトを持ったサークルです。

今回はアンダーグラウンドというサークルの方向性を守りつつ、それに内包されるコンセプトとして「discomfort (違和感)」を意識してデザインの制作をしました。
今回のコンセプトの源は、ボーカロイドというサブカル寄りのコンテンツとEDMというメインストリームをいくコンテンツを融合させた時に生じるある種の突っかかるような感覚からです。

outside
inside

その目指したかった違和感とは、そこにはあるがよくよく目を凝らさないと気づかない、だがはっきりと”何か”があるとわかる、、そのような微妙な違和感の表現を目指しました。アートワーク中にも使用してる文章でorder or disorderというか言葉があります。
誰が秩序を定め、誰が無秩序と決めるのか、そんな人間個々の主観によって左右される考えを、微妙な違和感を通して投げかけたグラフィックです。

ボーカロイドというサブカルコンテンツなのにダークな世界観を持ったデザイン、グリッドレイアウトなのにシソーラスの整っていない要素、アブストラクトなグラフィックの中にミスマッチなテイストのイラスト、上要素の塗りが強く力のあるロゴとは対比で下要素の細く弱いグラフィック、etc…
それら違和感を世界感を崩さず、見ていて気持ち良いと思える範囲で調整しました。

video

またデジタルとプレス盤では装飾のデザインを変えています。
先ほど述べた通り、今回のコンセプトは「違和感」でありその演出の一環です。
現実世界にあるプレスなのに不自然に綺麗、デジタルなのに使い古したようなグランジ感がある、そう言った違和感を世界観の保つ範囲で演出しました。

digital release

動画の制作も担当しました。アルバムの世界観を踏襲しつつグランジ感を前面に出したデザインにしています。

poster

また1曲、楽曲でも参加しています。

参加メンバー全員の個性が出たアルバムになっているので興味のある方はぜひチェックして見てください。

Category
Graphic, Movie, Music
Date :
Tags : CD Design, Total Design, VOCALOID, VREATH